男性が誤って女性用媚薬を服用してしまったらどうなってしまう?

男が女性用媚薬を飲んだ場合

男が女性用媚薬を飲んだ場合

女性用媚薬は血行を促進したり、性ホルモンの分泌を促進する作用が期待できる成分が配合されている物です。

上手に活用する事によって、これらの成分の相乗効果によって催淫作用が期待できる物となっており、現在ではインターネット通販などでも購入できるようになっています。

ただ、これはあくまでも女性用として開発されている物なので、男性向けの物と言う訳ではありません。

その為、男が飲んだらどうなるか、と言う事を前提に開発されていない商品となっているのです。

服用するタイプの場合、その有効成分を体内に取り入れ、それが血液に乗って体の各部分に作用する事によって変化が出て来ます。

女性用媚薬はED治療薬の様に即効性がある物と言う訳ではなく、徐々に体内からの変化を期待する物です。その為、飲んだからと言ってすぐに効果が出る訳ではありません。

ただ、女性用として開発されているので男性が飲んだら女性に作用する場合とはまた違った変化が出る事も有ります。

もちろん血行を促進したり性ホルモンの分泌を促す物なので、人によっては鼓動を感じるようになったり、体がほてった感じになる場合もあります。

しかしその変化の出方と言うのは個人差があり、全ての人が同じと言う訳ではありません。

女性が飲んだ時と同じよな変化が期待できる人も居れば、全く変化がない人、体調が悪くなってしまう人も居ます。

また、女性用と言う事で、男が飲んだらその人の体内で女性ホルモンが過剰に分泌されるのではないか、女性化してしまうのではないかとと言う心配が出てくる可能性もありますが、女性用媚薬にその様な作用はありません。

特に1回飲んだだけで女性化してしまうと言う心配は無く、それよりは動悸やのぼせ、ほてりの方に気を付ける方が無難です。

また体質によっては吐き気を催したり腹痛を訴えたりする可能性もあるので、そちらの方に注意します。つまり、男が飲んだらどうなるかと言うよりは、人によって効果の出方が違う、と言う事が出来るのです。

しかし前述した様にあくまでも女性用として研究開発されているので、男性の利用は出来るだけ避ける方が無難です。

インターネット上には女性だけでなく男性にも効果が期待できるとか、変化があると書かれている女性用媚薬も存在していますが、その成分が自分の体質に合っているとは限りません。

男性が利用する場合は女性用となっているものではなく、必ず男性用となっているものを利用します。

特に飲み薬の様に体内に服用する物はその有効成分がダイレクトに働きかけてしまう可能性もあるので、自分の性別に合うものを利用する方が安全です。